東成区・天王寺区・東住吉区の歯科医院・歯医者

当院のこだわり

最新設備を用いた精密治療

最新設備を用いた精密治療

歯の治療や診査診断において、一番困難なことは『見えない』ということです。
この『見えない』ということは歯科治療において、とても大きなリスクをもたらします。
例えば歯の根の治療のとき、細菌に感染した部分を取り除くのですが、歯の根の先は暗く、細く、形も人によって異なるので長年のカンに頼る部分がかなりあります。この感染した部分を取り除ききれなければ、虫歯が再発するリスクがあります。

またインプラント治療を行う際にも、普通のレントゲンでは「お口の中」や「歯」という立体的なものを、あくまで平面的にしか見る事しかできません。歯の状態や骨の位置、神経の位置などインプラント治療を安全に行う際に必要な情報は、完全にはレントゲンだけでは分からないのです。もしも神経を傷つけることがあれば、大事故は免れられません。

このように見えない部分をそのままにして、歯科医師のカンだけで行ってしまうことは、患者さんにとって最善な治療とは言えないでしょう。

うえたに歯科クリニックでは、患者様にとって最善な治療を突き詰める、つまり安全で精度の高い治療を提供したいという想いから 2つの最新設備を設置しております。

1つ目は治療部位を裸眼の5倍~30倍に拡大する<マイクロスコープ>

2つ目は今までの2次元のレントゲンでは分からなかったことも診断できる<歯科用CT>

この2つの最新設備のおかげで、自分たちの家族にも受けさせたいような理想の治療を患者様に提供できるようになったと実感しています。

裸眼では小さくて見えなかったより細部の治療部位を
『見える』ようにする<マイクロスコープ>

マイクロスコープとは
マイクロスコープ

マイクロスコープとは、歯の根の治療で細菌で汚染した部分を取り除く場合や、虫歯の治療で健康な歯質を傷つけずに済むように、虫歯の部分のみを0.1ミリ単位で削る場合など非常に精密さが求められる治療に用いられます。
マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入することで肉眼では治療不可能であった精密な治療が行えるようになりました。医療先進国であるアメリカやヨーロッパではマイクロスコープを使用した治療が当たり前になっています。

しかし日本はというと…
まだ日本全体の歯科医院の2~3%しかマイクロスコープは普及していないというのが現実です。ただマイクロスコープは導入して、すぐに使いこなせるわけではありません。 各種セミナーに参加したり、診療後も訓練を重ね、
はじめて使いこなすことができるようになります。 実際治療を行うと、今までどれだけ経験に頼っていたかが良く分かりました。 今まで頑張っても見えなかった歯の根っこの奥が、 指の先くらいまで拡大して見えるのです。

これにより、例えば細菌の取り残しがなくなったり、 虫歯と健康な歯との境界線がはっきり分かるので、 健康な歯質を傷つけずに済むようになります。

また虫歯を削った後に精度の高い詰め物やかぶせ物で修復することができれば、 虫歯の再発のリスクを極限まで抑えることができます。 つまりこれは歯の寿命に大きく関わってくるのです。 マイクロスコープの使用により、安全で精度の高い治療が 提供できるようになったと感じています。

マイクロスコープでここまで見える
 
 

人間の眼は裸眼では0.2ミリの間隔までしか判別できません。その証拠に、ちょっとこの下の写真を見てみてください。あなたは千円札のこの部分に何が書いてあるか見えるでしょうか?

答えはNIPPONGINKO NIPPONGINKOと書いてあるのです。

もし見えた方がいても相当千円札に近づかない限りはよく見えませんし、口の中ではそれほど治療部位に近づくことができません。

たった0.2ミリと考える方もいるかもしれませんが、0.2ミリあれば汚れを溜めて虫歯や歯周病になるには十分すぎる影響があります。

当院では、拡大鏡や歯科用手術顕微鏡(マイクロスコープ)を使用することにより簡単に見ることが可能となっています。

視野を拡大することによって、より高いレベルで診査診断を行うことができ、さらには歯を削るときには、虫歯に感染している部分以外の健康な歯質を削ることを最小限に抑え、精密に削ることによってより適合の良い詰め物やかぶせものを入れること、また歯の根の治療の際にも、細菌の取り残しのリスクを最低限にすることができます。このように肉眼では見えないレベルのものを細部まで見通すことが治療の成功の鍵となり、歯の寿命を延ばすことにつながっていくのです。

詳しくはこちら

今までのレントゲンでは見えなかった骨の中までを
『見える』ようにする<歯科用CT>

歯科用CTとは
 

インプラント治療を行う際には、歯の状態や骨の位置、神経の位置等、あごの解剖学的構造を把握しておく必要があります。従来のレントゲン撮影ですと、「お口の中」「歯」という立体的なものを、あくまで平面的に見る事しかできませんでした。 当院では、お口の中の状態を立体的に把握できる歯科用CTを設置しております。歯科用CTの撮影により、歯の状態や歯槽骨(あごの骨)を、立体画像で確認することができ、従来より正確な診断が可能になりました。これにより、患者様に的確な治療計画をご提供することができます。

歯科用CTへのこだわり
 

歯科用CTに対する一番のこだわりは、私たち歯科医師だけではなく、患者様にとって負担の少ない治療を“見える形”で提供していくことです。今まではレントゲンやCTの写真を使って、口頭で「ここをこのように治療します」ということを伝えていたのですが、解析ソフトを導入したことで、“口の中のどこの位置に”“どれくらいの長さの人工歯根を”“どれくらいの角度で”埋めるかが一目瞭然で分かります。これで患者様の精神的負担はかなり軽減されたと思います。愛する自分の家族にインプラント治療をする際に受けさせてあげたい理想の治療を、患者様に提供できるようになったと実感しています。

歯科用CTは以下の歯科治療で大きな役割を果たしています
suggest
インプラント治療

インプラント治療ではインプラント埋入する骨の形や幅など精密な長さを計測できるため、普通のレントゲン撮影のみより安全にインプラントの埋入ができます。

インプラント治療の詳細はこちら

歯周病治療

CTを使うことにより、1本1本の歯の周りにある骨の状態や根の形が正確にわかるので、歯周病の進行度を把握し将来的な歯の予後も予測しやすく、歯周病治療の際の術前診査に非常に役に立ちます。

歯周病治療の詳細はこちら

親知らず

親知らずを抜歯する際には、3次元的な根の形や大きな神経や血管との距離、鼻の空洞との距離を正確に診査することができ、抜歯が必要かどうか知ることができ、また抜歯にあたっては安全な抜歯をすることができます。

根管治療

レントゲンでは見えない根の断面像や細かい枝別れの部分も見ることができます。
レントゲンでは重なって映ってしまうため分かりにくい症例も明らかになります。
CTではレントゲンで映りにくい病巣も発見されることが多くあり、早期発見の手助けとなります。

根管治療の詳細はこちら

矯正治療

埋伏歯(骨の中に埋まっている歯)を矯正治療する際に、従来のレントゲン装置では2次元の平面的な情報しか得られず、位置関係を正確に把握 することが困難でした。しかし歯科用CTで撮影することによって歯肉の中にある歯の位置を詳細に確認できるので、歯の移動には多大なメリットがあります。また、歯ばかりではなく、移動しようとする場所の骨の状態がより正確に把握出来ます。

矯正治療の詳細はこちら

WEBからのご予約はこちら

当院は大阪市内(阿倍野区・平野区・生野区・住吉区・住之江区・浪速区・西成区・東成区・天王寺区・東住吉区 他)はもとり、市外からもご来院いただいております。

ページのトップへ

現在のページ:HOME ≫ 当院のこだわり ≫ 最新設備を用いた精密治療