大阪市阿倍野区でインプラントに力を入れる歯医者 うえたに歯科クリニック

スタッフBLOG

表示件数:

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニック~歯茎が腫れる原因~

2017/01/29

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニックです。


こんにちは(^O^)
最近インフルエンザがとても流行っていますね!みなさんは大丈夫ですか?
患者様の中にも、インフルエンザでお約束のキャンセルのご連絡をされる方が増えている気がします。。。とても心配です(>_<)
手洗いうがいとマスクの着用で、しっかり予防が必要ですね!!


さて、みなさんは歯茎が腫れてお痛みが出たり、違和感を感じたことはありませんか?
実は、歯茎が腫れる原因はいくつかあるのです。

まず1つめは、風邪で体調を崩したり、寝不足が続いたりなどで体調が悪い場合です。
体調が悪くなると、そのストレスで歯茎が腫れてしまうことがあります。また、アルコールを多く摂ってしまうと症状がでる場合があります。十分な休息とバランスの良い食事などで改善されることがほとんどです(^^)

2つめは、間違った歯磨きによるものです。歯ブラシを十分に当てていなかったり、逆に強く当てすぎて歯茎にキズがついてしまって細菌が入ってしまったり、というのが主な原因です。
適度な力で、前から奥まで全体に歯磨きすることが大切です。
ブラッシング方法のアドバイスなどは、当院も積極的にさせていただいていますので、ぜひ担当の歯科衛生士にご相談ください(^^)

3つめは、虫歯菌によるものです。ばい菌が歯の中や、歯茎とかぶせ物の隙間に入り込んだりしてしまうと、炎症を起こしてお痛みが出たり、歯茎が腫れたりしてしまいます。
また、神経を取ってしまっている場合だと、お痛みや腫れに気づかずに虫歯が進行してしまうこともあります(>_<)
この場合は虫歯治療が必要になりますが、しっかり虫歯を取れば腫れも引きますし、定期的に検診を受けることで、このような症状が出ないような予防や早期発見につながります!


みなさんは何かあてはまるものはございましたか?
少しでも上記で気になることがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください!


うえたに歯科クリニック 上阪

 

阿倍野区の歯医者 歯科医院うえたに歯科クリニック~ボトックス~

2017/01/18

阿倍野区西田辺の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニックです

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

うえたに歯科クリニックのおススメをご紹介します!!

☆ボトックス☆
ボトックス注射とは『A型ボツリヌス菌毒素』を精製したものを使用した治療法の事で、注入した部位の筋肉の働きを局所的に弱め、働きを弱めることでシワをできにくくしたり、筋肉のハリを目立たなくさせる事ができます。
特に噛みあわせの不均等で生じた、エラ張り、おみしめ、たるみに効果があります。

☆効果☆
シワの場合、注入後3~4日目より効果が表れます。
持続期間は個人差もありますが、一般的に約3~6か月と言われています。
継続することで、持続期間は長くなります。
筋肉の働きを抑制することにより、一時的に注射した部位の周辺や表情に違和感を感じることがあります。

興味がある方は、一度ご連絡だけでも構いません☆☆☆
ボトックスについてのご相談は、ご連絡でお願いします♪♪♪
うえたに歯科クリニックの岩本

 

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニック〜知覚過敏〜

2017/01/11

こんにちは
西田辺のうえたに歯科クリニックです。

今年に入りもう10日経ちました。日に日に寒くなってきましたね。患者さんから年始の挨拶を頂くと、今年も歯科医院として頼りにしていただけるように頑張ろうという気持ちになります。

今回は知覚過敏について書きたいと思います。寒くなってきたこともあり、知覚過敏でお痛みを訴える患者さんが多くなってきた気がします。

知覚過敏は主に食いしばりや歯ぎしり、強い力でのブラッシングが原因です。
食いしばりや歯ぎしりは歯と歯茎のあいだに負担がかかり、歯の表面に亀裂が出来たり、歯茎が下がってしまい、しみるところが露出することによって知覚過敏になります。
ブラッシング圧が原因のかたはお使いの歯ブラシをチェックしてみてください。一ヶ月も使用せずに毛先が開いてくる場合は力が強すぎるのかもしれません。力が強すぎると歯と歯茎を傷つけてしまい、それが知覚過敏の原因となってしまいます。正しいブラッシング方法でご自身の歯と歯茎を傷つけないように気をつけてください。

知覚過敏の治療法はお薬を塗ったり、プラスチックでコーティングすることにより改善されることが多いです。歯ぎしり、食いしばりが原因のかたにはマウスピースの使用も勧めさせてもらってます。

知覚過敏だと思っていて虫歯だったりすることもあるため、少しでもしみている症状があれば受診していただければと思います。

うえたに歯科クリニック 矢野

 

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニック〜あけましておめでとうございます〜

2017/01/02

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニックです。

あけましておめでとうございます(*^^*)☆
今年もよろしくお願い致します(*^^*)☆
今年は年末年始天気が良く、すがすがしいスタートですね♪

さて、今回はやってはいけない歯磨き方法をご紹介させて頂きます。

知らず知らず、自分の癖がついてしまっていますよね。

当てはまるものがないかチェックしてみてください(*^-^*)


1 歯磨き粉をたっぷりつけて歯を磨く

歯磨き粉をたくさんつけて磨く事は、口内がスッキリしますが、汚れが落ちきっていないのに磨いた気分になってしまいます。
歯磨き粉に研磨剤が含まれている場合、量が多いと知覚過敏になってしまう可能性もありますので注意しましょう。

2 かたい歯ブラシで磨きすぎる

毛が硬い歯ブラシで磨き過ぎることは、歯の表面にあるエナメル質を傷つけてしまう事があります。

3 食後すぐに歯磨きをする

歯を磨くタイミングは食後30分が目安です。
食後は、口の中が酸性になっていて、汚れを落とそうと歯磨きをしても、エナメル質を傷つけてしまうことがあります。

4 磨きすぎる

歯の着色が気になって力任せに磨くとエナメル質とセメント質の間にある柔らかい「歯頸部(しけいぶ)」を削ってしまい、知覚過敏になる可能性があります。


いかがでしたか?当てはまるものはありましたか?

間違った磨き方をしているとせっかくの歯磨きの意味がありませんので、正しい磨き方を身に付けましょう(*^-^*)


うえたに歯科クリニック 岩切

 

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニック~虫歯予防・唾液が大切~

2016/12/22

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニックです

今年もあと10日を切りましたね。
あっというまの一年でした。
残りの診療もよろしくお願いいたします。

さて今回は唾液の働きについて少しお伝えしようと思います☆

その前に、皆さんご存知でしょうか?食事の度に歯が溶けていることを!!

食べ物を口の中に入れると、食べ物の中に含まれている糖分を虫歯菌が摂取し、酸を作り出します。
そしてその酸によって歯は溶かされ、歯の成分であるリンやカルシウムが溶け出してしまいます。
歯が溶け続けると穴が開き虫歯になってしまいます。
食事のたびに歯が溶ける。。。ままだと皆さんすでに虫歯だらけですよね?
その溶け続けることから助けてくれるのが唾液の働きなのです!!

唾液にはたくさんの働きがあります♬
消化作用・円滑作用・保護作用・溶解作用・洗浄作用・緩衝作用・再石灰化作用・抗菌作用・・・とたくさんの働きがある中で、

洗浄作用;唾液の流れで食べ物を洗い流してくれる
緩衝作用;口の中を酸性化中世に戻してくれる
再石灰化作用;カルシウムやリンを歯に戻してくれる

この3つの作用がむし歯をストップさせる重要な働きなのです!!

しかし、休みなしに口の中に食べ物(糖分)が入ってくる状態が継続すると唾液の働きが追い付かなくなりむし歯になってしまいます。
食べている時間(だらだら食べ)や、ちょこちょこつまみ食べをしてしまう方は虫歯のリスクがぐんと上がってしまいますので、時間を決めて食べることをお勧めします!!

しかし唾液が少ないといくら気を付けていても、虫歯のリスクがぐんと上がっててしまいます。
ドライマウスは年齢とともに増えますし、全身疾患や投薬の内容にもかかわります!!
虫歯とは関係ないと思わずに、定期検診に入ってる方も健康状態やお薬の内容が変わりましたら必ず担当医・担当歯科衛生士にお伝えください☺

また詳しくお知りになりたい方は是非当院にお越しください(^^♪

うえたに歯科クリニック  太田

 

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニック〜自費で行う根幹治療

2016/12/16

阿倍野区の歯医者、歯科医院のうえたに歯科クリニックです。
今回は、『自費で行う根幹治療』についてお話しさせて頂きます。

当院では、『根幹治療』を保険内で行うか、もしくは自費で行うかを選択することが可能です。

現在日本が抱える根管治療においての問題点とは、『保険診療による根管治療では十分な治療が行うことができない』という現実です。

例えばラバーダムと呼ばれる、唾液中の雑菌を遮断する防湿防菌シートを用いた際の根管治療の成功率が約90%であるのに対し、ラバーダムを使わない時の成功率は約50%以下といわれます。ほぼ全ての歯科医師が『患者様の歯を守り続けていきたい』という強い想いを持ちながら日々診療を行っているはずなのに、多くの歯科医院でラバーダムを使っていないという矛盾した現状があります。

アメリカでは根管治療の専門医による根管治療はもはやスタンダードです。その専門医の方々は根管治療から歯の土台を立てるまでが守備範囲。最終的な被せ物は他院で行います。もしその根管治療が失敗すると他院から苦情が出ますから、大きな責任と重圧を負って治療しているのです。

このような専門医による根管治療は1歯につき10万円~20万円の治療費がかかります。

うえたに歯科クリニックでは『自費で行う根管治療』に力を入れていますが、保険の根管治療も行っています。

かぶせ物を選ぶ際にはいつも患者様に保険か自費かをご自身で選んでいただきます。根管治療においても同様です。もちろん患者様に無理に選択を押し付けることはいたしません。

ただ少しだけ考えていただきたいのです。
せっかく治療した歯が再発するリスクを。
せっかく残そうと思っていた歯が抜歯になる可能性があることを。

あくまで自費の根管治療はひとつの選択肢です。保険の根管治療だからといって、いい加減な治療はいたしません。ただ、保険の根管治療には限界があるということをご理解いただいて、ご自身の歯を残すことに対して少しでも価値観を持っていただければ幸いです。

うえたに歯科クリニック 森本

 

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニック~12月~

2016/12/11

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニックです。


こんにちは(^O^)
12月・・・いよいよ2016年も残り1か月をきりましたね!!本当に年々1年があっというまです・・・。

最近はどこに行ってもすっかりクリスマスムードですね!キレイなイルミネーションやクリスマスツリーがたくさんあって、ついつい見とれてしまいます(^^)

もちろん、うえたに歯科クリニックも、今年も大きなクリスマスツリーを出しています♪♪
先生とスタッフみんなで協力してたてて、可愛いオーナメントやイルミネーションでたくさんデコレートして、とっても素敵なツリーになっています!
患者様みなさんに今年も好評をいただいていて、とっても嬉しいです(^^)♪
ぜひみなさん近くで見てみてくださいね☺

そして、クリスマスを過ぎればあっというまに年末年始ですが、みなさん今年やり残したことなどはもうありませんか?
私は、前回の定期検診から4か月ほど経っているので・・・今年中までには絶対に診てもらうのと、ホワイトニングをしてキレイにしてからクリスマスと新年を迎えようかなぁと考えています!

みなさんも、最近歯医者で診てもらってないな、少し不安だな、と思うことがあれば、ぜひ今年中に一度当院に検診にお越しください!
すっきりとした良い気持ちで、2016年をしめくくりませんか?(^^)
12月はお約束が混み合いやすくなりますので、お早めのご連絡をおすすめしております。
お気軽にお問い合わせください!


うえたに歯科クリニック 上阪

 

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニック~ボトックス~

2016/11/29

阿倍野区西田辺の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニックです

今年も残り少なくなってきましたね!!!
やり残した事はありませんか?
・・・噛みしめや歯ぎしりだけでなく、見た目にも効果のあるボトックスを今年中にしてみませんか?

☆ボトックス☆
ボトックス注射とは『A型ボツリヌス菌毒素』を精製したものを使用した治療法の事で、注入した部位の筋肉の働きを局所的に弱め、働きを弱めることでシワをできにくくしたり、筋肉のハリを目立たなくさせる事ができます。
特に噛みあわせの不均等で生じた、エラ張り、おみしめ、たるみに効果があります。

☆効果☆
シワの場合、注入後3~4日目より効果が表れます。
持続期間は個人差もありますが、一般的に約3~6か月と言われています。
継続することで、持続期間は長くなります。
筋肉の働きを抑制することにより、一時的に注射した部位の周辺や表情に違和感を感じることがあります。

興味がある方は、一度ご連絡だけでも構いません☆☆☆
ボトックスについてのご相談は、ご連絡でお願いします♪♪♪
うえたに歯科クリニックの岩本

 

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニック〜治療までの流れ〜

2016/11/20

こんにちは
西田辺のうえたに歯科クリニックです。

今回は治療までの流れについて書きたいと思います。

初めて来院された患者さまには、問診票を書いてもらいます。その問診票をもとに初診カウンセリングを行います。
初めて来られる患者さまは、色々と不安を抱えている方が多いです。実際に話を聞いてみても、歯科医院に対してあまりいいイメージをもたれない方が多いように感じます。そういった事がないように、このカウンセリングで患者さまの考えや望んでいることをしっかり理解し先生にお伝えします。
その後、主訴に応じてレントゲンやお口の中のお写真などを撮ります。レントゲン確認後、先生に診てもらいます。そして、先生からお口の中の状態のご説明があり1回目の来院は終了です。(お痛みがある方や急を要する場合はその日のうちに治療します。)

2回目の来院で行うのが治療計画のご説明です。
初診の時のレントゲンやお写真、口腔内を見て診断したのをもとに先生が治療計画を立てます。そしてスタッフが患者さんにも分かりやすく、どのような治療をするのか、詰め物や被せ物の種類などもご説明させてもらいます。


このような段階を踏み、納得のいく治療方法を担当の先生と決めてから治療に入ります。うえたに歯科クリニックでは他の医院さんで不安に感じた患者さんやセカンドオピニオンで来られた患者さんにも選んでもらっています。
優しい先生ばかりですので是非安心して来院してきてください(^^)


うえたに歯科クリニック 矢野

 

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニック〜間食〜

2016/11/09

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニックです。


もう11月ですね~(^○^)秋です!今週は冬並みの寒さですが。。

さて、秋といえば食欲の秋♪みなさんは食べ物の中で何がお好きですか(^^)?ちなみに私は甘い物には目がありません!!


私のように、甘い物好きな方はたくさんいると思います!そして、甘い物を間食としてお子様に与える方も多いと思います。


子どもの歯は大人の歯よりも虫歯になりやすく、進行も早いです。なので、特に子どもは甘い物の摂り方に注意が必要です!!


そこで、今回はお子様の間食の摂り方について少々...


子どもって小さい身体でよく動きまわりますよね!!そのため朝昼夕3食では栄養が不足してしまいます(._.)本来、間食とはその不足した栄養を補うためのものです。間食というとお菓子を想像する方が多いかもしれせんが、「間食=甘食」ではありません!!


間食として与えるには、不足しがちな栄養素である、乳製品や芋類、穀物等が補える物をおすすめします(^^)


私が大好きなチョコレートやケーキはもちろん、スナック菓子、キャラメル、ジュースといったお菓子の定番は砂糖が大量に使用されていますし、歯にくっつくため長時間お口の中に留まります(*_*)とても虫歯になりやすい食べ物です。


虫歯や栄養のことを考えると先程お伝えしたような乳製品・芋類等が間食として好ましいですが、お菓子を楽しみにしているお子様も多いと思います...(._.)そういう場合はせめて虫歯のリスクを下げるために組み合わせを変えてみるのはいかがでしょうか?例えば、「ケーキとオレンジジュース」ではなくて、「ケーキと牛乳」にする。等、どちらかが虫歯になりにくいものを取り入れる方がリスクを下げることができます(^o^)


他に気を付けることは...
間食の時間と量を決めることと、食べたらきちんと歯磨きをすることです(^^)歯磨きできない状況なら、せめてうがいだけでも行うようにして下さい^ ^


小さいお子様の虫歯はいちばん身近にいるご両親がキーパーソンです!大切なお子様の歯を守りましょう^ ^!


うえたに歯科クリニック 白川

 

現在のページ:HOMEスタッフブログ